シャンプーの前にはブラッシングをすると美髪に繋がる

シャンプー前にブラッシングをすると美しい髪に繋がります。
基本的に髪が傷んでいないと絡むことはありません。
強風でも髪を結んだときでも絡んでも自然とほどけます。
髪が絡む理由はホコリなどの汚れや静電気によって、髪がダメージを受けると絡みやすくなります。
髪が短い人は絡む機会は少ないですが、ホコリなどはついてしまいます。
スタイリング剤を使っていてもシャンプー前にブラッシングをしておくと、皮脂汚れと一緒に落としやすくなります。
シャンプーをするときには爪を立てて擦り洗いはNGですが、髪が絡んだままシャンプーをしても摩擦によって髪がダメージを受けてしまいます。
ブラッシングは汚れを取るだけでなくシャプーの泡立ちがよくなり、泡で摩擦を防ぐことができます。
ブラッシングは頭皮の血流がよくなってマッサージ効果があります。
頭皮の皮脂には髪の根元に溜まってしまうとベタツキが出てしまいますが、ブラッシングをすると均一に毛先まで伸ばすことでき、人間が作る養分も油分と一緒に髪全体に行き渡ります。
髪の毛の中でも毛先はダメージもっとも弱いため、自分の皮脂でバリアをするとシャンプーからの刺激を防ぐことができます。
適度な皮脂は潤いを守ったり、ダメージを防ぐ役割があります。
必要な皮脂量を保つためにもブラッシングは大切です。