化粧水はお風呂から上がってすぐつけるが正しい

女性は肌が命です。
肌が綺麗だと可愛く見えます。
そのため、お風呂上がりの化粧水等は必須です。
人はそれぞれの肌質が違うので自分にあった化粧水等を使うのも大事ですが、使い方を間違えたら良い商品を使ってても意味がないんです。
皆様は、化粧水何でつけますか。
手ですか、コットンですか。
正しいのはコットンです。
理由は手でつけてしまうと、ほとんどが手に化粧水が付いてしまう為顔に浸透してくれません。
コットンも使い方を間違えてたら手と同じく意味がなくなります。
コットンの種類も重要です。
種類は端っこが繋がってないふわふわしたコットンが一番化粧水に向いています。
塗り方はコットンを十分湿らしてから顔全体に馴染ませていきます。
その後、顔全体をパッティングしていきます。
何回かパッティングし、顔全体が冷たくなったら肌に浸透している証拠です。
浸透したら美容液をつけ、乳液をつけたら完了です。
お風呂から上がってすぐつける事も大事な事です。
乾燥をする前につけて下さい。